Home 海外版予告編 Accidental Love

Accidental Love

Accidental Love
0

Accidental_Love_poster偶然の事故で頭に釘が入ってしまったヒロインは無保険のため手術が出来ず、そのせいで性的衝動が抑えられなくなってしまう。そこで奇病処置を訴えるためワシントンに。そこで知り合った政治家とロビー活動を始めるが…というお話。出演はジェシカ・ビール、ジェイク・ジレンホール、ジェームズ・マースデン、トレーシー・モーガン、キャサリン・キーナー、ジェームズ・ブローリン、カースティ・アレイ、ポール・ルーベンスほか。監督はステファン・グリーン。全米公開はVOD公開:2015/2/10〜、劇場公開:2015/2/20〜


この映画、元々は元副大統領アル・ゴアの娘、クリスティン・ゴアの脚本を元に、『アメリカン・ハッスル』『世界にひとつのプレイブック』デヴィッド・O・ラッセルが監督で『Nailed』というタイトルで2008年から撮影に入りました。
しかし製作費が途中でなくなり、撮影途中でプロジェクトは一旦中止になります。
デヴィッド・O・ラッセルはそのまま離脱しますが、2010年に資金調達のめどが立ち制作は再開され、いくつか残していたシーンを撮影し完成。『Politics in Love』というタイトルになりますが、そしてそのままお蔵入りに。
そして2015年『Accidental Love』というタイトルで公開にこぎつけました。

最終的に監督はステファン・グリーンとなっていますが経歴が全く不明で、どうも架空の映画監督「アラン・スミシー」っぽいですね。
デヴィッド・O・ラッセルの撮影したところは残っているものの、当初予定していたものと大きく異なっているとのこと。

たぶんデヴィッド・O・ラッセルとしてはクリスティン・ゴアという実際ホワイトハウスや政治の世界を覗いていた女性の脚本を使って、ワシントンの政治の世界のシニカルなコメディをやりたかったんでしょうね。

いずれにせよ、結果的にゆるい内容となって(笑)ジェシカ・ビールのコミカル&セクシーな魅力が満載のキューティー映画に仕上がってそうです。

LEAVE YOUR COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です