Home 海外版予告編 バレリーナを目指す女の子を描くフランスのアニメ映画『Ballerina』仏・英予告編

バレリーナを目指す女の子を描くフランスのアニメ映画『Ballerina』仏・英予告編

バレリーナを目指す女の子を描くフランスのアニメ映画『Ballerina』仏・英予告編
0

バレリーナを目指す女の子を描く、フランス/カナダ合作のアニメ映画『Ballerina』のフランス版と英語版の予告編をご紹介。英語版の声をエル・ファニング、カーリー・レイ・ジェプセンらが担当しています。


『Ballerina』は1879年のパリが舞台。バレリーナを夢見る孤児院の少女が身分を偽ってバレエ学校に入学し、オペラ座の舞台を目指す…というお話です。
発明家を目指す男の子の友人がいたり、劇場の掃除夫をしている足の悪い女性から特訓を受けたり、キャラクターや劇中のエピソードも実に魅力的。
予告編を見ても素晴らしいシーンがありそうで、これは大穴のキューティー映画かもしれません。

監督はエリック・サマー&エリック・ワリン。共に長編映画は初監督です。エリック・サマーは脚本も担当のTVドラマディレクター出身、エリック・ワリンはアニメーター出身です。

制作会社はアニメーション専門の会社というわけではなく、このプロジェクトのために世界各地のアニメーターなど専門スタッフが集められ、モントリオールにある「Caramel Film」と「Main Journey」という映像制作会社を中心に作られました。

アニメーションのクォリティとしては平均的なものですが、バレエシーンは予告編を見る限りモーション・キャプチャーではなく手付けと思われます。この映画の素晴らしいのはアニメ映画だからといってイメージを飛躍させすぎず、実写映画と同等にドラマで描いているところです。
ディズニーなどアメリカのアニメ映画とは異なるヨーロッパのアニメ映画の特徴です。

英語版のヒロイン役の声をエル・ファニングが、その他にカーリー・レイ・ジェプセン、デイン・デハーン、シーアのMV「Chandelier」に出演して話題になった少女ダンサーのマディー・ジーグラーらが声を担当しています。

フランスでの公開が12月14日、イギリスでの公開が12月9日、オーストラリアやロシア、南米は来年公開です。
アメリカでの配給をワインスタイン・カンパニーが担当していますがまだ公開日が決まっていません。
日本でも公開は未定。アート系でもないこの手のアニメ映画はソフトスルーでなんとか見れるのが一般的だと思いますが、ぜひ映画祭などで上映してほしいものです。

まずはオリジナルのフランスの予告編です。

こちらはイギリス英語版予告編です。よりドラマチックに仕上げられています。

LEAVE YOUR COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です