Home 海外版予告編 『フィフティ・シェイズ・ダーカー』予告編第2弾

『フィフティ・シェイズ・ダーカー』予告編第2弾

『フィフティ・シェイズ・ダーカー』予告編第2弾
0

予告編を公開するや、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』が持っていた24時間以内での最高視聴数を更新した『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』の続編『フィフティ・シェイズ・ダーカー』。その予告編第2弾が公開されました。


前作で一度は別れたSMカップルのイケメンIT社長クリスチャン・グレイ(ジェイミー・ドーナン)と女子大生アナ(ダコタ・ジョンソン)。しかし2人は元サヤにおさまり婚約しますが、就職したアナにはセクハラ上司(エリック・ジョンソン)、クリスチャンにはストーカーの元カノ(ベラ・ヒースコート)、そして彼をSM世界に導いた元女王様(キム・ベイシンガー)、とそれぞれに敵が現れ幸せな2人を引き裂こうとするサスペンスタッチも今回の見どころです。

監督は『フーズ・ザット・ガール』『ハンニバル』の大ベテラン、ジェームズ・フォーリー。脚本は原作者E L ジェイムズのわがままを聞ける人物として原作者の夫ナイル・レオナルドが抜擢。

『フィフティ・シェイズ』シリーズでのプロデューサー・チームの宣伝の仕掛け方、スタッフ構成、危機回避のアイディアや仕事ぶりはもっと注目されてもいいと思います。
今回も前作の前売り販売が公開1ヶ月前の1月開始だったのが、本作は2ヶ月前となる今月から予約を開始。早めにファンを囲い込んでいます。

前回の予告編は24時間以内での最高視聴数記録を更新(現在は他作品がさらに更新)。相変わらず潜在層が計り知れない作品です。
今回の予告編ではヒロイン役のダコタ・ジョンソンを中心に(ちょっと太った?)構成。前回からの延長であるカップルのエロティックなシーンを見せつつ、後半はサスペンスタッチになる本編の見どころをうまくまとめている構成になっています。

全米公開は2017年2月10日。前作同様世界同時公開となります。しかし前作の興行成績が良くなかった日本での公開はまだ発表されていません。

『フィフティ・シェイズ・ダーカー』予告編の再生数が『スターウォーズ/フォースの覚醒』を抜き史上最高に
先日公開された『フィフティ・シェイズ・ダーカー』の予告編が、公開後24時間までの再生数で『スターウォーズ/フォースの覚醒』を抜いて史上最高となりました。ネット上での予告編の再生数のこれまでの最高は『...

LEAVE YOUR COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です