Hitchcock

Hitchcock
2

『サイコ』制作にまつわる裏話と、その頃のヒッチコックと妻であり脚本家であるアルマ・レヴィルとの関係を描いたお話。出演はアンソニー・ホプキンス、ヘレン・ミレン、スカーレット・ヨハンソン、ジェシカ・ビールほか。監督は『アンヴィル!夢を諦めきれない男たち』サーシャ・ガヴァシ。全米公開は2012/11/23~


http://youtu.be/TT6e0bRbgU8
本作はスティーヴン・レベロが1990年に発表したノンフィクション本『アルフレッド・ヒッチコック&ザ・メイキング・オブ・サイコ』が原作です。

アルフレッド・ヒッチコック&ザ・メイキング・オブ・サイコ

著者/訳者:スティーブン レベロ

出版社:白夜書房( 1990-10 )

単行本 ( 383 ページ )



『サイコ』をまだ見た事がない人はこの機会に見ておきましょう。サスペンス映画の基礎を作った映画です。ラストの意外性や大胆な解釈による演出は語り草です。
シャワーシーンとその時のBGMはもう有名すぎますね。何度も何度も様々な形でパロディー化されています。

サイコ [Blu-ray]

販売元:ジェネオン・ユニバーサル( 2012-04-13 )

時間:109 分

1 枚組 ( Blu-ray )


サイコ [DVD]

販売元:ジェネオン・ユニバーサル( 2012-04-13 )

時間:108 分

1 枚組 ( DVD )


その『サイコ』の舞台裏だけでも十分映画になりうる題材なのですが、そこに監督ヒッチコックとその妻の関係を描くという本作。

アルフレッド・ヒッチコック:アンソニー・ホプキンス
その妻アルマ・レヴィル:ヘレン・ミレン
『サイコ』で有名なシャワーシーンを演じるジャネット・リー:スカーレット・ヨハンソン
消息不明の姉を探す『サイコ』ヒロイン、ヴェラ・マイルズ:ジェシカ・ビール
『サイコ』犯人のアンソニー・パーキンス:ジェームズ・ダーシー

という最強ともいえる役者達の布陣で映画化です。

妻のアルマ・レヴィルはヒッチコックより先に編集や脚本の仕事をしていて、映画業界では先輩でした。付き合い始めた頃はまだヒッチコックは助監督。監督になってから結婚したそうです。
その後アルマはヒッチコックの最大の理解者であり協力者であり、原作選びから脚本など、彼女の助言や賛辞がヒッチコック映画に果たした役割は大きいと言われています。

その関係をアンソニー・ホプキンスとヘレン・ミレンという超絶演技派で描くんですよ。期待してしまいますよね。
実際、映画会社も公開を前倒しにしてアカデミー賞を狙うようです。

Comment(2)

LEAVE YOUR COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です