Home 海外版予告編 Peace, Love & Misunderstanding

Peace, Love & Misunderstanding

Peace, Love & Misunderstanding
0

弁護士の娘が離婚をきっかけに2人の子供を連れてウッドストックに住む母のもとを訪れるが、母は元ヒッピーで未だに自由奔放に生きていて…というお話。出演はジェーン・フォンダ、キャサリン・マクフィー、エリザベス・オルセン、チェイス・クロフォード、ジェフリー・ディーン・モーガンほか。監督は監督は「ドライビング Miss デイジー」のブルース・ベレスフォード。全米公開は2012/6/8~



おばあちゃん役のジェーン・フォンダ、1937年生まれですから、撮影時72歳?若いですね!イキイキしてて、ヒッピーばあちゃんを楽しそうに演じています。

ジェーンの孫娘役はオルセン姉妹の妹、エリザベス・オルセンです。1989年生まれで背もお姉さん達に比べてずっと高いんですよね。
これからが期待されている女優さんです。
エリザベスのお相手は「ゴシップガール」で一躍スターとなったチェイス・クロフォード。「ゴシップガール」のおぼっちゃまとはまた違う、ちょっとワイルド系ですね。

映画自体は去年、あちこちの映画祭で上映されています。ウッドストック・フェスティバルでも当然上映されています。
ウッドストックって、60年代後半から70年代頭のラブ&ピース思想がまだ残ってるんですね。ヒッピーにとっての聖地ですから…
ヒッピー文化の中で一夏の経験モノとして、娘や孫たちに新しい人生のきっかけを与える感じですね。楽しみです。

LEAVE YOUR COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です