Home 海外版予告編 シャーリー・マクレーン&アマンダ・サイフリッド共演『The Last Word』予告編

シャーリー・マクレーン&アマンダ・サイフリッド共演『The Last Word』予告編

シャーリー・マクレーン&アマンダ・サイフリッド共演『The Last Word』予告編
0

嫌われ者の金持ちの老女と、自分の死亡記事を書かせるために雇った若い女性記者の友情を描く、シャーリー・マクレーン&アマンダ・サイフリッド共演『The Last Word』の予告編が公開されました。


何でも自分の意のままにしようとする、仕事で成功しお金持ちの老女ハリエット(シャーリー・マクレーン)は地元の新聞記者アン(アマンダ・サイフリッド)を雇い、自分の死亡記事を書かせます。しかしハリエットを良く言う人は町に1人もいません。しかし2人は記事を作る過程で理解し合うようになり、さらに黒人の女の子ブレンダ(アンジュエル・リー・ディクソン)が加わることで、ハリエットは昔からの夢だったディスクジョッキーになり、アンとブレンダと共に新たな人生を見つけようとする…というお話です。

監督はPV出身、『インディアナポリスの夏』のマーク・ペリントン。脚本はスチュワート・フィンク。

アメリカの死亡記事はその人の伝記に相当する内容が掲載されます。この映画でアマンダ・サイフリッド演じる若手女性記者が手がける死亡記事は、シャーリー・マクレーン演じる老女の半生を追うものになります。その過程で若手女性記者は老女の人生や考えを知り、2人は友情が芽生えていくというお話のようです。

シャーリー・マクレーンがディスクジョッキーになるためラジオ局に行くシーン、イギリスのロックバンド、キンクスの名を出してます。キンクスといえば、ヴァン・ヘイレンがカヴァーしたことでも有名なヒット曲「You Really Got Me」。映画でかかるのでしょうか?

サンダンス映画祭でプレミア上映された後、2017年3月2日から全米公開です。

LEAVE YOUR COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です