Home 海外版予告編 ジェスカ・チャンスティン主演『The Zookeeper’s Wife(原作邦題:ユダヤ人を救った動物園―ヤンとアントニーナの物語)』予告編

ジェスカ・チャンスティン主演『The Zookeeper’s Wife(原作邦題:ユダヤ人を救った動物園―ヤンとアントニーナの物語)』予告編

ジェスカ・チャンスティン主演『The Zookeeper’s Wife(原作邦題:ユダヤ人を救った動物園―ヤンとアントニーナの物語)』予告編
0

ジェスカ・チャンスティン主演、ポーランドの動物園を運営する夫妻が多数のユダヤ人をかくまった実話に基づく『The Zookeeper’s Wife(原作邦題:ユダヤ人を救った動物園―ヤンとアントニーナの物語)』の予告編が公開されました。


『The Zookeeper’s Wife』は、ナチス支配下のポーランド・ワルシャワで動物園を運営していた園長ヤンとアントニーナの夫妻が、動物たちが処分されてガラガラになり閉園になりそうな動物園を何とか運営し、その空いた獣舎にナチスに追われたユダヤ人たちをかくまいました。夫妻はかくまったユダヤ人に動物の名をつけていました。その方が何かの際に彼らについて話しているところを聞かれても、怪しまれずにすむからです。そうやって夫妻が助けたユダヤ人は300人にも及びました。

ジェシカ・チャステインが妻アントニーナを、『オーバー・ザーブルースカイ』のヨハン・ヘルデンベルグが夫ヤンを演じます。『グッバイ、レーニン!』のダニエル・ブリュールが、アントニーナに恋をするナチスの動物学者を演じます。その他、マイケル・マケルハットン、イド・ゴールドバーグ、ゴラン・コスティッチらが出演。

監督は『クジラの島の少女』『スタンドアップ』の女流監督ニキ・カーロ。脚本はアンジェラ・ワークマン。

先日、撮影風景や劇中写真が公開されたばかりでした。

ジェスカ・チャンスティン主演、ユダヤ人たちを救った動物園園長夫婦の実話『The Zookeeper’s Wife』劇中写真公開
ジェスカ・チャンスティンが主演の、ポーランドの動物園園長夫妻が300人のユダヤ人をかくまい救った実話に基づく『The Zookeeper’s Wife(原作邦題:ユダヤ人を救った動物園―ヤンとアントニーナの物語)』から劇...

予告編はジェシカ・チャステインを中心に構成されています。前半はストーリーに沿った構成ですが、ユダヤ人をかくまうあたりから、うさぎの少女とのシーンを核にして、周囲の状況を描きつつ、その時のジェシカ・チャステイン演じる妻の感情的なシーンを中心に構成しています。ジェシカ・チャステインの演技に注目です。

『The Zookeeper’s Wife』の全米公開日は2017年3月31日です。

LEAVE YOUR COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です