Home 海外版予告編 Words And Pictures

Words And Pictures

Words And Pictures
0

Words_And_Pictures_poster元作家で英語の教師をしている男と、画家で美術の教師をしている女。同僚の2人は言葉と絵のどちらが大切かを競い合うことになるが、次第に互いを意識し始めて…というお話。出演はクライヴ・オーウェン、ジュリエット・ビノシュ、キーガン・コナー・トレイシー、ブルース・デイヴィソン、エイミー・ブレネマンほか。監督は『愛しのロクサーヌ』『星に想いを』フレッド・スケピシ。全米公開は2014/5/23〜



こちらはインターナショナル版の予告編です。

イギリス人俳優のクライヴ・オーウェンとフランス人女優のジュリエット・ビノシュという、芸達者な2人による大人の恋愛映画です。
劇中の絵はジュリエット・ビノシュ自身が描いたものです。
さらに足が不自由ながらもコメディ要素もある強気な女性の役…ジュリエット・ビノシュ凄すぎます。
インターナショナル版に出てくる、駐車場でクライヴ・オーウェンに「おならプー」をするシーンはかわいいし面白いですね。

そして、クライヴ・オーウェンもメガネに髭面といつもとちょっと違う雰囲気で皮肉屋を演じていますが、これまた絶妙な笑顔とかがいい。

上手い役者さんのキューティー映画は安心して見ていられていいですね。

監督は、現代版「シラノ・ド・ベルジュラック」の『愛しのロクサーヌ』や、姪の恋愛を応援するアインシュタインを描いた『星に想いを』など面白い題材のキューティー映画を撮っているフレッド・スケピシ。
脚本は『フェノミナン』や、ある意味衝撃作だった(笑)『フォーガットン』のジェラルド・ディペゴ。

2013年のトロント国際映画祭で公開され、全米公開となりました。
芸達者な人達による、大人の小粋なキューティー映画。「言葉」が重要な要素の映画ですから、ぜひ日本語字幕付きで見たいです。

LEAVE YOUR COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です